活動ブログ ~理事代表の独り言~

■2021.12.02  新型コロナで日本人を考える。

α、δ、κ、ο(オミクロン)。学生時代の数学、物理・化学の授業を思い出すようなギリシャ文字が世界中に拡散している。それもウィルス株と共に。今年の流行語大賞も新型コロナ絡みが上位を占めるのかと心配しましたが、メジャーリーグの新たな歴史を作り、今や世界のスパースターとして誰もが認める大谷翔平選手絡みのリアル二刀流/ショータイムが大賞に選ばれておやじ世代として嬉しさこの上ない気持ちになっています。
それにしても新型コロナ感染が世界では再び拡大方向に向かう中、日本だけ終息に向かっているかのような感染者数で、世界からも羨望の眼差しで見られ、不思議がられ、専門家も明確な根拠を示せない状況にあります。
単に医学的な見地からだけでは説明できない文化的な側面が大きいと考えられます。公衆衛生、生活・食品衛生、手洗い・消毒や人に迷惑をかけない文化など、それらは、日本人が長い時間をかけて培ってきた習慣とそれを大切に守ろうとする国民性により出来上がった文化であると考えれば、日本だけ海外と違う傾向を示している状況の説明になります。ただ油断してはいけません。流行語大賞にノミネートされた“人流”は、コロナが拡大するキーワードにも聞こえます。
感染を防ぐ一人一人の行動が求められます。規律を守り抑制のある行動ができるのも日本人の良い特性です。みんなで気を付けましょう。

■2021.11.04  3年越しでさわやか福祉財団の堀田会長とお会いしました。

img

この2カ月、流山市の市民活動推進センターの更新公募プロポーザルの提案書づくりで缶詰め状態で頑張ってました。おかげで唯一の楽しみのゴルフ仲間とのプレーを封印してしまったので、果たして復帰を歓迎してもらえるのか?ちよっと心配です。
11月1日(月)にさわやか福祉財団の創立30周年全国交流フォーラムに参加してきました。新型コロナ禍で3年越しのフォーラムになりました。壇上に上がったゲストスピーカーの皆さんも少し老けたなーあ……。そんな印象を持ちました。憎きコロナめ❕ 時代の変化と共にボランティアに参加してくれる人が少ないと財団創立者の堀田力会長も嘆いていました。ボランティアを如何に増やすか?が全国的な課題になっているようです。ネットのニュースでは思いやりの世界ランキングで日本は、断トツの最下位と言う不名誉な評価をされているようです。Withコロナで民度が落ちたとなれば、コロナの影響は計り知れないものと言わざるを得ません。従来の生活に戻る過程で思いやりもランクアップを期待したいところです。写真は堀田会長を挟んで弘田副代表と記念写真。

過去のブログ一覧日付をクリックすると内容を表示し、再度クリックすると閉じます

■2021.10.02  まだまだ気を引き締めていきましょう!

■2021.09.01  環境変化に適切な対応が大事です。

■2021.08.02  不要不急の外出自粛は東京五輪のテレビ観戦に限ります。

■2021.07.07  仲間通信第42号発行しました。

■2021.07.02  理事代表 交代のお知らせ

■2021.06.07  オンラインフェスタ!参加しました。

■2021.05.04  6月6日のオンラインフェスタに参加します。

■2021.04.21  弘田副代表が生活支援コーディネータとして引き続き委嘱を受けました。

■2021.04.01  高齢者のデジタル活用、はじめの一歩

■2021.03.02  人生で一番早かったこの1年

■2021.02.01  明日は節分。新型コロナ、鬼退治!

■2021.01.02  皆様のご多幸をお祈りいたします