お知らせ

■2020.08.01  新型コロナ禍の終息を願う

中国武漢市に端を発した新型コロナウィルス感染症が世界中をパンデミックに陥れて早や7ヵ月。一向に感染拡大が衰える気配がなく、人類の歴史に大きな傷跡を残す、否、人類滅亡の予兆さえも感じさせる禍になっている。果たして従来の生活を取り戻すことができるのか?withコロナ、afterコロナは、どんな生活になるのか?不安は尽きない。米中の相互不信から世界情勢まで、きな臭くなっている。
そんな中、気になる記事が目に入った。東スポwebに掲載された記事からだが、要約すると「中国のノストラダムスと言われる劉基(1375年没)」が650年以上も前に現在中国の災禍を予言詩として残している。その詩によると「2019年の冬から武漢で疫病が発生し大災害となって大勢が死ぬ」と新型コロナ禍を暗示しており、また「繁貨市、変汪洋。高楼閣、変泥崗(豊かな都市が海へと変じる。高層の建物は泥にまみれる)」これは長江流域の中国最大の淡水湖・鄱陽湖(はようこ)や三峡ダムの水位が観測史上最も高い水位を記録し、長江流域の主要都市が大洪水に見舞われている。更に「父母死、難埋葬。父娘死、子孫担。万物同遭劫、虫蟻亦遭殃(父母が死んでも埋葬ができず、子や孫が亡がらを運び、何もかもが奪われ、虫さえも苦しむ)」と続く。最後の詩が「百載繁貨一梦消(100年の繁栄は夢と消える)」。中国共産党が結成されたのは1921年7月。今夏で創立100年となり、王朝(共産党)崩壊までも予言している。新型コロナ禍、洪水災害、蝗害(イナゴ)による中国の危機は、グローバルな時代において中国一国だけの出来ごとでなく。世界への影響は計り知れない。・・・と ここまで書いて天災はともかく“これもコロナの成せる業か”とこのウィルスの人類に与える恐ろしさを今更ながら考えさせられた。
今、悪い方向に向かっている元凶がコロナウィルスだとしたら先ずは新型コロナ禍から人類を救済するため、全世界が一つになって感染対策、ワクチンおよび特効薬の開発投与を急がなければならない。コロナの終息で人類が再び平和的にまとまることを切に願いたい。
※市民助け合いネットの生活支援活動、えがお活動を徐々に増やしていこうとした矢先、コロナ感染症の第2波襲来の様相を呈してきたため、8月以降の活動について再考せざる得ない状況にあります。感染症の推移を見ながら判断したいと思いますこれからの当会のお知らせを注視してください。
 

過去のお知らせ一覧

■2020.07.08  えがお再開、第一弾のコンサートに酔いしれました。

■2020.06.29  ふれあいの家「えがお」のイベント、7月から限定で再開します。

■2020.06.17  ふれあいの家「えがお」再開に向けて

■2020.05.30  まだまだ油断は禁物。これからですよ

■2020.05.01  新型コロナウィルス感染禍に負けず、頑張りましょう。

■2020.04.08  新型コロナウィルス感染症による事務所閉鎖について

■2020.04.01  希望に胸躍る季節のはずが・・・

■2020.03.24  ふれあいの家「えがお」閉鎖を更に4月一杯まで延長します

■2020.03.11  自家用有償旅客運送者登録証が届きました。

■2020.03.02  新型コロナに負けない社会を目指しましょう。

■2020.02.25  残念なお知らせです。「えがお」イベント3月いっぱい中止します。

■2020.02.03  新年早々、行事盛沢山でした。

■2020.01.02  あけましておめでとうございます

■2019.12.02  鬼に笑われても来年も精一杯!頑張ります。

■2019.11.07  あれ?もう11月

■2019.10.06  秋本番です。

■2019.09.17  千葉県南部の台風被害の復旧に思う

■2019.09.04  環境変化に対応できる力を持とう。

会員数

 利用会員 702名
 提供会員 430名
 合  計 1132名
  (令和2年7月末現在)

私たちの思い

 人生80年時代、少子高齢化が進み、近所づきあいも希薄になり、サービスが減少している公的介護保険制度だけでは 老後の生活が不安になってきています。

 このような時代に私たちは、「困った時はお互い様」の気持ちで、助け合い支え合って、誰もが安心して 快適に暮らせる暖かい街をつくりたいと思います。

 また、ボランティア活動を通じて、定年後や子育てが終わった第二の人生の”生きがい”や”健康”そして ”就労の場”も提供したい。

 そんな思いを実現したいと考えています。

 img
      片岡代表


お金で買えない「7つの喜び」

「お金で買えない7つの喜び」を
味わえます。

 ①"ありがとう"を貰える喜び!
 ②困った人を"助ける"喜び!
 ③誰かに"頼られる"喜び!
 ④自分の"存在を感じる"喜び!
 ⑤"生きがいに出会える"喜び!
 ⑥多くの"人に出会える"喜び!
 ⑦"ミニ収入"のある喜び!


PR


会報バックナンバー


関係機関LINK