お知らせ

■2021.04.21  弘田副代表が生活支援コーディネータとして引き続き委嘱を受けました。

去る4月6日(火)、当会のふれあいの家「えがお」で流山市より副代表の弘田娃子に流山市・生活支援コーディネータの委嘱式がありました。
3年前に市より生活支援コーディネータを委嘱され、高齢者介護における総合事業実現に協力をしてきました。この4月に任期満了を迎えることになっておりましたが市より強い要請を受け、生活支援コーディネータとして引き続き協力していくことになりました。
今後、高齢者の生活の困りごとを支援する助け合い活動を中心に関係機関、地域の主体(自治会、学校、介護施設等)と一緒になって、安心して住みやすいまちづくりに会を挙げて取り組んでいきます。
写真は市・健康福祉部、早川部長より委嘱状を受ける弘田副代表。

img

 

■2021.04.01  高齢者のデジタル活用、はじめの一歩

市民助け合いネットは令和3年度の方針に「高齢者のデジタル活用と普及」を掲げ、取り組んでいます。その試みの一つとしてZOOMミーティングを利用してふれあいの家“えがお“を3月22日に実施しました。流山市は高齢者ふれあいの家が23カ所ありますがコロナ禍により、この一年間、開店休業状態に追い込まれています。そんな背景もあり行政からの要請もあって、ZOOM配信にチャレンジしました。高齢者にZOOMは無理だよの声を無視して、ネット利用が当たり前の若い女性会員に協力してもらい、事前にZOOMソフトの設定からミーティングへの入室手順を懇切丁寧に面倒見てもらって、テストでは、ミーティングに入れた、入れない、声が聞こえないなど大騒ぎしながら本番ではえがおスタッフと参加者がコロナ下の悩み、苦労話などで懇談し最後には後藤さんのギター演奏に合わせ皆で歌を唄い第1回ZOOMえがおを楽しみました。
高齢者のデジタル活用、普及にはかなり手間がかかりそうですが結構いけそうな感触も得られました。今後、ビデオ通話やZOOMなどを活用して高齢者のデジタル活用と普及に頑張ってみます。皆さんも是非、参加をしてみませんか

 

過去のお知らせ一覧

■2021.03.02  人生で一番早かったこの1年

■2021.02.01  明日は節分。新型コロナ、鬼退治!

■2021.01.02  皆様のご多幸をお祈りいたします

■2020.12.11  穏やかな年末年始をお過ごしください。

■2020.11.01  ボランティアにもデジタル化の波が

■2020.10.01  コロナだろうが何だろうが助け合いは大事です。

■2020.09.01  そろそろ活動を本格化する準備を始めています。

■2020.08.18  コロナ禍に負けず生活をエンジョイしよう。

■2020.08.01  新型コロナ禍の終息を願う

■2020.07.08  えがお再開、第一弾のコンサートに酔いしれました。

■2020.06.29  ふれあいの家「えがお」のイベント、7月から限定で再開します。

■2020.06.17  ふれあいの家「えがお」再開に向けて

■2020.05.30  まだまだ油断は禁物。これからですよ

■2020.05.01  新型コロナウィルス感染禍に負けず、頑張りましょう。

会員数

 利用会員 732名
 提供会員 374名
 合  計 1106名
  (令和3年3月末現在)

私たちの思い

 人生80年時代、少子高齢化が進み、近所づきあいも希薄になり、サービスが減少している公的介護保険制度だけでは 老後の生活が不安になってきています。

 このような時代に私たちは、「困った時はお互い様」の気持ちで、助け合い支え合って、誰もが安心して 快適に暮らせる暖かい街をつくりたいと思います。

 また、ボランティア活動を通じて、定年後や子育てが終わった第二の人生の”生きがい”や”健康”そして ”就労の場”も提供したい。

 そんな思いを実現したいと考えています。

 img
      片岡代表


お金で買えない「7つの喜び」

「お金で買えない7つの喜び」を
味わえます。

 ①"ありがとう"を貰える喜び!
 ②困った人を"助ける"喜び!
 ③誰かに"頼られる"喜び!
 ④自分の"存在を感じる"喜び!
 ⑤"生きがいに出会える"喜び!
 ⑥多くの"人に出会える"喜び!
 ⑦"ミニ収入"のある喜び!


PR


会報バックナンバー


関係機関LINK