お知らせ

■2019.12.02  鬼に笑われても来年も精一杯!頑張ります。

師走になりました。
この頃は年がら年中、気ぜわしくて年末の慌ただしさが実
感できない師走を迎えました。
寒さ到来とともに身を丸めて生活していると肩腰の具合が
悪くなります。そんな時は是非「えがお」の各種体操に参
加してみませんか?気持ちいい疲労感と体が若返ること請
け合いです。
「えがお」に行きたいが交通手段がなくて…という声を聞
きます。会としてもいい方法がないか?思案しています。
そんな時、隣の松戸市の移動弱者の新しい試みの情報が飛
びこんできました。
官学民挙げての取り組みが紹介されていました。
千葉大の先生の指導で「グリーンスローモビリティ(ゴル
フカート)」の実証実験が地元老人会主体で行われている
ことについて実証実験見学者から驚きの感想が寄せられま
した。
実験の詳細は省略しますが、自治会・老人会から無償ドラ
イバーが30人確保できたこと。警察から「20K制限のカ
ートでは大通りを横切るのは認められない」と待ったがか
かったことに行政の職員が大通りを横切る時は必ず旗振り
を行い横切らせたことなど。できない理由を挙げるのでは
なく実現のための課題を一つひとつ克服する取り組みを実
践している姿勢に羨望を感じます。
今後ますます移動弱者、買い物弱者救済の取り組みが求め
られます。我われ流山市も松戸市のような文化、リーダー
シップや行動を官学民挙げて取り組む時期に来ています。
また、松戸市の取り組みを見学した方はゴルフカート導入
は移動弱者対策のツールだけでなく、カート利用者のコミ
ュニケーションの場を生み出すツールとしての役割を強く
実感したと総括していました。
市民助け合いネットとして来年の取り組み課題を示唆され
た思いです。
残り一ヵ月ですが“ときめき”いっぱい感じながら新しい
年を健やかに迎えましょう。



 

過去のお知らせ一覧

■2019.11.07  あれ?もう11月

■2019.10.06  秋本番です。

■2019.09.17  千葉県南部の台風被害の復旧に思う

■2019.09.04  環境変化に対応できる力を持とう。

■2019.08.01  いよいよ厳しい猛暑の夏本番

■2019.07.06  会員交流会を開催しました。

■2019.07.01  “ときめき”をいっぱい感じながら過ごしましょう

■2019.06.27  音楽の魅力を堪能しました

■2019.06.10  「仲間通信第38号」発行しました。

■2019.05.16  「えがお音楽祭」のお知らせ

■2019.05.08  長い連休が終わるのを待ってました。

■2019.04.02  新元号が「令和」に決定!

■2019.03.02  仲間づくりの出前講座を始めました。

■2019.02.02  2月です。

■2019.01.01  あけましておめでとうございます。

会員数

 利用会員 737名
 提供会員 428名
 合  計 1165名
  (令和元年11月末現在)

私たちの思い

 人生80年時代、少子高齢化が進み、近所づきあいも希薄になり、サービスが減少している公的介護保険制度だけでは 老後の生活が不安になってきています。

 このような時代に私たちは、「困った時はお互い様」の気持ちで、助け合い支え合って、誰もが安心して 快適に暮らせる暖かい街をつくりたいと思います。

 また、ボランティア活動を通じて、定年後や子育てが終わった第二の人生の”生きがい”や”健康”そして ”就労の場”も提供したい。

 そんな思いを実現したいと考えています。

 img
      片岡代表


お金で買えない「7つの喜び」

「お金で買えない7つの喜び」を
味わえます。

 ①"ありがとう"を貰える喜び!
 ②困った人を"助ける"喜び!
 ③誰かに"頼られる"喜び!
 ④自分の"存在を感じる"喜び!
 ⑤"生きがいに出会える"喜び!
 ⑥多くの"人に出会える"喜び!
 ⑦"ミニ収入"のある喜び!


PR


会報バックナンバー


関係機関LINK