お知らせ

  • ■2016.12.02  気がつけば師走パートⅡ(えがお来場者1万人突破!)
  • ふれあいの家「えがお」の来場者がこの10月末で1万人を突
    破しました。
    一昨年の7月オープンから28カ月での達成です。特に今年に
    入ってから毎月4百人を超える利用があり、年間5千人超えは
    確実になってきました。主催者として大変うれしい悲鳴ですが
    もっともっと「えがお」を楽しんでもらえるようスタッフ一同
    頑張っていきます。
    また、12月1日(木)には、とっても可愛い高校生の訪問が
    ありました。東京大学教育学部附属中等教育学校(中野区)に
    通っている山口来奈さん(高2)。学校の自主研究テーマに高
    齢者福祉活動を取り上げて鋭意、取材中とのこと。若い人が高
    齢者問題に関心を持ってくれて頼もしいやらうれしい限りです
    あと、28日余りで今年も終わりです。
    インフルエンザ、ノロウィルスに気を付けてお過ごしください
    ※写真は、取材に来てくれた山口来奈さんとのスナップ

    img

     
  • ■2016.12.02  気がつけば師走
  • 10月から11月にかけて行事が目白押しで、気がつけば師走
    10月22日(土)ふれあいの家「えがお」のイベント出演者
    とえがおスタッフの交流会を開催しました。
    朝から夕方までそれぞれの出し物を披露していただき、時を忘
    れて楽しませていただきました。
    11月5日(土)、6日(日)の二日間は、千葉県主催の元気シ
    ニア地域ボランティア養成研修会「居場所・サロン」コースを
    当会が担当し、大変好評のうちに終了しました。それにしても
    女性パワーを改めて認識させられる研修会でした。受講者20
    名の内、男性受講者1名と女性のやる気、たくましさに圧倒さ
    れ男性諸君の奮起が待たれる研修会でした。
    研修を通じて知り合った仲間が地域貢献の輪を広げてくれるこ
    とを期待したいと思います。
    写真は浅川教授(江戸川大学)の講義風景です。
    img

     
  • ■2016.10.10  昨日の雨が秋を運んできました。
  • 10月の入っても記録的(各地で観測史上)な暑さが続いて、
    今年は秋が来るのか?心配していたら10月8日、9日の思わ
    ぬ大雨で本日10日の体育の日は、一転、肌寒い日になりまし
    た。9日は、第25回流山ロードレース大会が開催されました
    が、あいにくの雨でせっかくのレースに水を差す結果になって
    残念でしたが、準備をされた実行委員の皆さん、レースに参加
    されたランナーの皆さん、お疲れ様でした。
    今、当会は先日、このお知らせでご案内したように11月5日
    (土)6日(日)の2日間の元気シニア地域ボランティア養成
    研修会の準備に大忙しです。ご存知のように高齢者の介護福祉
    は、地域・住民主体の時代に移行しています。国に福祉政策の
    いい制度を作ってもらうことは大切なことで、これはこれで実
    現に向けて訴えていく必要がありますが、何でも全て国に要求
    しても無いものねだりになってしまいます。
     ここはやはり自分たちでできることを皆の協力を得て、実現
    する「互助の精神」が地域に求められています。そんな地域社
    会の実現を目指しその担い手になってくれる「心温かい仲間」
    に是非、参加してください。
     地域新聞10月7日号に「えがお寄席」が紹介されました。
    1面に大きく掲載していただけるとは、思ってもなかったので
    驚いていますが、今月は、18日(火)13:30から寄席を
    計画しました。落語に興味のある方は、是非、覗きに来てくだ
    さい。写真は「ちいき新聞」に掲載された記事です

    img

     
  • ■2016.09.26  元気シニア地域ボランティア養成研修会開催のご案内
  • 人の役に立ちたい!社会貢献をしたい!と考えている皆さん。
    自分の「生きがい」と「健康」さらに「仲間つくり」に役立て
    「元気シニア」を目指しているあなたに3コースの研修会をご
    案内します。

    ・10月 1日(土)10月 2日(日)移動サービスコース
    ・11月 5日(土)11月 6日(日)居場所・サロンコース
    ・11月19日(土)11月20日(日)生活支援コース
    ・いずれも定員30名

    是非、申し込みをお待ちします。
    img

     
  • ■2016.09.01  寝不足の8月が終わりました。
  • 毎年、この時期は熱帯夜で寝不足になる方が多いと思いま
    すが、今年は、これに加えてリオオリンピックが重なって、
    毎日が時差ぼけ状態の方が多かったのではありませんか?
    国を代表して頑張っている選手を見ると、一緒になって戦
    っている気分の自分は、日本人をしっかり自覚しています。
     普段は、あまり自覚していないことですが、きっとDNA
    に日本人のアイデンティテイが刷り込まれているんですね。
     日本選手の頑張り、2020年の東京オリンピックへの期
    待が膨らんだリオとは裏腹に日本は、猛暑と立て続けの台風
    が日本列島を蹂躙して、被害があちこちに出ていることを考
    えると、この時期の東京オリンピックは大丈夫かな?と心配
    になってくるのは、私だけでしょうか?
    4年後は暑さ対策が講じられていることを期待しましょう。
     4年後のオリンピックは、生で観戦できるよう、健康作り
    を今から始めましょう。生活のはり合い、生きがいは、目標
    を持って、その実現に向けて日々、努力することが肝心です。
    ふれあいの家「えがお」の9月は元気になるプログラム満載
    です。健康つくり、仲間つくりに是非、役立ててください。
    まだまだ、残暑が続きます。夏バテをこじらせないように、
    元気に頑張りましょう。
    写真:「えがお」の目の前にある大木が8月22日の台風
    で根こそぎ倒されました。


    img

     
  • ■2016.08.02  本格的な夏は今から
  • 今年は、関東の梅雨明けが例年より大幅に遅れてつい5日前
    の7月28日に気象庁より「梅雨明け宣言」が発表されたば
    かりです。
    今年の夏は、猛暑で10月過ぎまで暑い日が続きそうな長期
    予報が出ています。体調には十分、気を付けてください。
    7月17日に韓国放送公社(KBS)から取材協力のお礼の
    メールが来ました。
    6月21日(火)に「明見萬里 第3セクターで道を探る」
    という番組の取材で当会に番組クルーの来訪がありました。
    韓国は日本以上に高齢化が加速し、また退職後のセカンドラ
    イフを如何に過ごすかなど、大きな関心事になっているよう
    です。
    番組の反響は、放映の後、すぐに問合せがありました。有償
    ボランティアの仕組みをもっと知りたい。チケットの使い道
    を詳しく教えてくれなどでした。
    高齢化は万国共通の問題です。少しでも私たちの取組みが、
    役に立てればと思う今日この頃です。
    ※写真は助け合い活動の取材風景。
    img

     
  • ■2016.07.02  会員交流会 大いに盛り上がりました。
  •  うっとおしい梅雨空が続いていますが、いかがお過ごしで
    すか?
    去る7月2日(土)に市民助け合いネットの会員・交流会が
    開催されました。
     会員・交流会としては前回の平成25年から3年ぶりの開
    催となります。
     当日は、60名を超える会員の皆さんが集まり、普段はな
    かなか一同に会する機会が無いこともあり、皆さん大いに親
    睦を深めました。片岡代表の日頃の会員の皆さんの助け合い
    活動、元気シニアつくりの協力に対する感謝の挨拶に続いて
    ふれあいの家「えがお」に移った2年前からの活動報告を行
    い、会の発展ぶりを参加された会員全員で喜び合いました。
     交流会のメインイベントとして日頃から「えがお」のイベ
    ントに協力していただいている好音会の三好さん、鈴木さん
    の素晴らしいオカリナ演奏を聴き、最後にみんなで大合唱し
    て、大いに盛り上がった交流会になりました。
     これからもみんなで頑張っていこう!と力強い締めで会員
    交流会は無事、お開きとなりました。



    img

     
  • ■2016.06.27  ふれあいの家「えがお」の入場料が7月から200円/日になります。
  • ふれあいの家「えがお」はおかげさまで、平成26年7月の
    オープン以来、今年5月末で延べ7,954人の方に利用い
    ただきました。また、今年1月からは毎月420人以上の利
    用があり、スタッフ一同感激しています。
    「えがお」は音楽演奏、健康体操をはじめさまざまな催し物
    で利用者の皆さんに楽しんでもらっています。
    これは私どもの高齢者福祉活動に共感をいただいた「えがお」
    出演者の皆さんの絶大な協力により成り立っています。
     出演してくれている皆さんには「えがお」オープン以来、
    無償で出演いただいています。
     そこで、せめて交通費の一部だけでもお支払いすることで
    少しでも負担を軽くして、末永く協力いただくことにいたし
    ました。
     つきましては、7月1日より入場料を200円/日に値上
    げさせていただきます。
    「えがお」ご利用の皆さんには、ご負担を強いることになり
    ますが趣旨ご賢察いただき、ご理解の程お願いいたします。
    「えがお」に来れば友達が増える、元気をもらえる。そんな
    催し物をこれまで以上に企画してまいります。
    皆さんのご来場を心よりお待ち申し上げます。

     
  • ■2016.06.04  社員総会開催、平成28年度スタート
  • 去る5月20日(金)午後4時より平成27年度社員総会が開催
    されました。冒頭、片岡代表から1年間の高齢者福祉活動に対
    する会員各位のご尽力に対し、感謝の言葉があり、審議に入り
    ました。平成27年度の事業報告、事業会計が満場一致で承認
    され、続いて平成28年度の事業計画、事業予算が審議され、
    満場一致で承認されました。詳しくは仲間通信32号(6月中
    旬発行)に掲載しますので、ご確認ください。
    平成28年度は、高齢者福祉活動により軸足を置いて、体制強
    化、若返りを図るとともに、「自立自存の法人」を目標に活動
    をスタートしました。
    また、5月28日、29日は南流山センターまつりが開催され
    防災をテーマにしたイベントに会場を埋め尽くす来場者があり
    大盛況のうち成功裡に終わりました。
    引き続き、6月5日はセントラルフェスタが生涯学習センター
    で開催されます。皆さんのご来場をお待ちいたします。
    助け合い活動に対するお願いです。この1年の会員入会は助け
    てほしい会員が、益々増える傾向にあるのに対してお手伝いし
    ていただく提供会員が増えていません。逆に5月末時点で1年
    前から1名減の状態にあります。
    皆さんの周りに高齢者の生活支援に協力してくれる方がいまし
    たら、是非、入会を勧めてください。
    退職後のセカンドライフを地域貢献に少しの時間と力を貸して
    いただくだけで充実した生活を送れること間違いありません。
    また、ふれあいの家「えがお」では、盛り沢山の有意義で楽し
    いイベントを催しています。是非、足をお運びください。
    写真左は社員総会、右はハワイアン演奏とフラ

    img

     
  • ■2016.05.10  休みボケからはじまりました。
  • 4月30日から休みをつなげると10連休になる大型連休明け
    は、休みボケからのスタートでした。
    お休みはいかがでしたか?満喫できました。
    私も10年ぶりの小学校の同窓会で帰省してきました。
    小学校の卒業アルバムを見ながら、みんなであの頃にタイムト
    リップしてきましたが、現実は65歳を超えた高齢者の集まり
    で、この先どれくらいみんなで楽しい時を作れるか?そんな思
    いを共有しながら帰ってきました。
    同級生と会って特に感じるのは、まだ現役と同じように頑張っ
    ている者とそうでない者との見た目の年の差です。やはりい
    つまでも輝いていられる趣味とか仲間との語らい、もちろん地
    域貢献に頑張っている「きょういく」と「きょうよう」のある
    人は若さを保つ秘訣だと、実感しました。
    連休明けは、NPO法人の会員総会や税務申告など、一年のけじ
    めのスケジュールがびっしりです。
    平成28年度も元気シニアつくり、高齢者生活支援活動に一層
    頑張ります。みなさんも少しの空いた時間があれば”ふれあい
    の家「えがお」を是非覗いてみてください。
    仲間が待ってます。若さを保ついろいろな取組み満載です。
     
  • ■2016.03.31  明日から新年度。
  • 櫻の開花宣言が出たとたん、思わぬ冷え込みで開花が足踏み状
    態になっていましたが、ここにきて一気にお花見シーズン到来
    の陽気になりました。週末は、花見の宴がすごいことになるで
    しょう。市民助け合いネットも年度末から新年度にかけての切
    替え作業でスタッフ一同、忙しい日々が続いています。
    会員数は高齢化の波が大きくなったようで、新規入会者がこの
    一年で43人増えて、この3月末で1115人となりました。
    利用会員さんが増える中、提供会員さんが増えてこないことが
    大きな悩みです。会員の皆さんの近くで、提供会員になってく
    れる方がいましたらご一報ください。
    介護保険が改正になっても高齢者に寄り添った優しい社会の実
    現は、いつになるやら、私たちの活動の重要性はますます大き
    くなっていることを実感しています。
    ふれあいの家「えがお」では、4月も盛りだくさんの行事を計
    画しました。陽気に誘われて「えがお」に足を向けてみてはい
    かがでしょう。新しい仲間、楽しい時間がきっと増えますよ。
    今年もスタッフ一同、皆さんのそばに寄り添っていきます。生
    活の中でお困りのこと、元気をもらいたいと思ったら是非、市
    民助け合いネットに声をかけてください。
    写真は若いママさんグループ"アップル隊"の演奏風景。
    img

     
  • ■2016.03.04  平成27年度も残すところ、あと1カ月
  •  季節外れの爆弾低気圧襲来で、北海道、東北で風雪被害が出
    ていますが、心よりお見舞い申し上げます。
    でも季節は確実に陽春に向かっています。桜の便りも各地か
    らちらほら聞こえています。3月は卒業式や進学、社会人への
    巣立ちの準備やらで、1年で1番、心ときめく時期でもありま
    す。市民助け合いネットも平成27年度の最終月ということで
    1年の振り返り、次年度への準備等で慌ただしい1カ月になり
    ますが、我々の活動も会員の皆さまに支えられてますます地域
    になくてはならない活動になっています。
     1昨年7月にオープンしたふれあいの家「えがお」もスタッ
    フ、イベント協力者の皆さまの協力を得て、今年に入り月あた
    り400人を超える利用があり、このまま推移すると年間5千
    人の利用も想定され、うれしい悲鳴です。ふれあいの家「えが
    お」が高齢者の心地よい居場所、認知症をはじめ障がいを抱え
    る方や家族の方の安らぎの場になるよう活かしたいと思います
     2月25日(木)千葉県・多古町の市民活動連絡会(NPO
    法人をはじめ市民団体の集まり)11名の方が、高齢者福祉の
    研修に当会を訪問されました。
    高齢者支援の組織作りに活かす目的で、大変熱心な研修の場と
    なりました。
     また「えがお」のイベントにオープン前から出演いただいて
    いる「好音会」三好秀夫さんが音楽業界デビュー40周年とお
    聞きしてサプライズのお祝いを2月9日(火)のイベントに合
    わせて行いました。当日の来場者は80人を超え「えがお」は
    じまって以来の最高の人出となりました。
    ※写真左は多古町市民活動連絡会の皆さん。右は好音会・三好
     さんのデビュー40周年のお祝い演奏風景
     
    img

     
  • ■2016.02.01  いつの間にか、2月になりました。
  •  年が明けたと思ったら、もう2月に入りました。
    市民助け合いネットにいると、一日がとても短く感じます。
    年を取ると年々、時間が短く感じると言われますが、それ以上
    に早く感じるのは、きっと助け合い活動に追われているからか
    な?と思ったりもします。
     1月を振り返るとふれあいの家「えがお」は新春を寿ぐ1月
    ならではの催し物を行いました。その影響もあってか、これま
    で以上の来場者を数える1カ月になりました。1月のお知らせ
    で紹介しました、1月7日の〝初笑い「えがお亭」寄席から始
    まり、1月28日の流山市邦楽三曲会の皆さんによる「新春の
    三味線・琴・尺八の調べ」まで、大勢の方に楽しんでいただき
    ました。
     その他、囲碁将棋、麻雀、趣味の集まりも毎回盛況で、ふれ
    あいの家「えがお」もすっかり認知されたみたいです。
     今年は、介護保険改正から1年が経過しようとしています。
    いよいよ新しい仕組みによる生活支援の活動が注目される年に
    なります。一人でも多くの方が、少しの親切を寄せ合って困っ
    た人の生活のお手伝いをする草の根の活動がどんどん広がるた
    めに微力ながらお役に立てればと考えている今日この頃です。
    ※写真は絵手紙の集いの作品と白鳥ご夫婦による琴・尺八の
     演奏です。
    img

     
  • ■2016.01.09  新年早々、初笑い
  •  明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお
    願いいたします。
     さて、今年は、例年になく暖かいお正月となり、各地で季節
    外れの開花のニュースがあったり、スキー場の雪ごいとか農家
    が野菜の出荷調整で苦労しているニュースなど、また、海外で
    は不穏な動き、事件が起こったり、年明けから波乱の年を予感
    させるスタートとなりました。
     そんななか、ふれあいの家「えがお」では、1月7日(木)
    初笑い「えがお亭寄席」を開演いたしました。この日は「えが
    お」始まって以来の最高80人を超える入場者があり、舞台に
    かぶりつき状態の大入り満員でした。
     出演者も普段に増して力の入った芸を披露してくれましたの
    で、ホールが割れんばかりの笑いに包まれました。
     特に玄人はだしの落語家に混じって、小学5年生の櫻木嵩也
    君(西初石小学校)のウクレレ即興演奏や大喜利の軽妙な回答
    など大人顔負けの活躍で「えがお亭寄席」を大いに盛り上げて
    もらいました。
     子供からお年寄りまで楽しんでもらえる「ふれあいの家」作
    りのあるべき姿を垣間見たようで、我々スタッフも大いに元気
    と明るい展望を見せていただきました。
     スタッフ一同、趣向を凝らし「楽しい、うれしい、ためにな
    る」催し物を計画いたしますので、皆さまのお越しをお待ち申
    しあげます。
    追伸:新年早々の4日、6日の麻雀の日に役満が立て続けに出
       ました。これまた幸先の良いスタートでした。
    写真は「えがお亭」寄席風景と櫻木嵩也君のコラボ演奏


    img

     
  • ■2015.12.28  今年もお世話になりました。平成27年10大ニュース。
  •  今日は、仕事納め?(我々は活動納め)。今年も無事、新年
    を迎えられそうです。これも助け合いを支えていただいている
    会員の皆さま、ふれあいの家「えがお」のスタッフの皆さまの
    おかげと感謝しております。
     振り返れば、あっという間の一年でしたが、今年を締めくく
    る挨拶の代わりに市民助け合いネットの10大ニュースを発表
    いたします。
    (事務局が勝手に選んだ10大ニュースです)
    1.市民助け合いネット創立10周年祝賀会開催(2月28日)
      本来なら昨年6月予定を半年延して開催。井崎市長をはじ
      め福祉関係者からの祝辞を沢山いただきました。
    2.市民助け合いネット「10周年記念誌」刊行
      これまでの10年間の活動と次に続く人のための羅針盤と
      して活用を期待しています。
    3.介護保険法改正とそれに伴う新たな仕組みへの挑戦
      15年ぶりに介護保険法が改正され、地域主体の地域包括
      ケアシステムが4月にスタートしました。私たちの活動が
      全国モデルの一つとして注目されています。行政と協力し
      て「安心して暮らせる街つくり」に頑張っていきます。
    4.ふれあいの家「えがお」利用者数6000人を超える。
      昨年7月オープンの「えがお」がおかげさまでこの12月
      末で6000人を超えました。
    5.市民助け合いネット役員改正・新役員で活動スタート
      創立10年の節目として5月の定期総会において役員改選
      が行われ、これからの活動のための若返りと役割を担って
      もらう体制がスタートしました。
    6.流山ロードレース大会運営業務から撤退
      第16回から昨年の第23回大会まで8年間、運営業務を
      担ってきましたが、改正介護保険対応等、高齢者福祉活動
      に軸足を置くため大会運営業務の応募を取り止めました。
    7.助け合い活動、「えがお」活動に視察、取材相次ぐ
      7月以降、以下の視察があり対応してきました。
      1)韓国大使館および韓国国会議員の視察
      2)朝鮮日報のTV取材、インタビュー
      3)NHKの取材、インタビュー
      3)地方自治体、NPO関係団体の視察
    8.助け合い入会金、チケット料金改定、外出支援の見直し
      創立以来、12年目にして入会金、助け合い活動のチケッ
      ト料金を見直しさせていただきました。これは消費税をは
      じめ公共料金等の値上げに対応するもので、利用会員さん
      に負担を強いるものですが、会の窮状ご理解ください。
    9.認知症カフェ開設の準備着々と
      ふれあいの家「えがお」は、うれしい、楽しい、ためにな
      るをモットーに活動しておりますが、ためになる活動の集
      大成として「認知症カフェ」開設を目指しています。
      年明け早い時期にオープン出来るよう準備を進めています
    ⒑.片岡代表、病から驚異的な回復
      昨年4月に病に臥して、一時は回復が危ぶまれましたが、
      本人曰く「活動にやり残したことがまだまだある」と凄ま
      じい気力と頑張りで、この半年の回復は驚異的なものがあ
      ります。
      市民協セミナーのパネリストや各種セミナーの基調挨拶を
      こなすなど、全快にあと一歩です。
    以上、10大ニュースを掲載しましたが、来年が皆さまにとっ
    て輝かしい年になりますよう心よりお祈り申し上げます。



      
     
  • ■2015.12.07  NHK番組「私たちのこれから」12月12日午後9:00放映のお知らせ
  • 今年4月の介護保険法改正以降、介護の現場および地方自治体の取組みについてNHKが特集番組「私たちのこれから」で12月12日(土)午後9時より放映されます。市民助け合いネットのふれあいの家「えがお」で番組の収録(取材、インタビュー)が行われました。元気シニア作りの取組み、助け合いの仲間つくりの現場として紹介されます。是非、ご視聴ください。

     
  • ■2015.11.27  師走になりました。
  •  月日の経つ速さに驚かされています。
    冬到来で、体調を崩していませんか? 
    どうか、皆さま。元気で年の瀬をお過ごしください。
    今年は、改正介護保険に始まり改正介護保険で終わりそうです。
    地域の関係団体、関係者およびご近所が連携して高齢者を支えましょうの掛け声で、始まった地域包括ケアシステム。緒に就いたところで、同じ高齢者福祉活動に取り組む立場から見れば何か進んでいるのかな?と思えるぐらい目立った変化は、まだありません。
    改正介護保険に関連して11月12日にNHKの番組取材が「えがお」でありました。12月12日(土)午後9時よりの「私たちのこれから」の番組の中で放映されますので、是非、ご視聴ください。
    市民助け合いネットも次の世代を支える若い担い手確保に苦慮しています。創立12年を経過すると、いろんな部分に齟齬が出て、また、新たな課題も増えています。若返りもその一つですが、なかなか思うようにはいかないものです。組織も若返りを図るため、5月にNPO法人として新役員体制に移行しました。これからの「助け合い活動」と「えがお」を中心にした「元気シニア作り」を柱に活動を進めるため、役員一同頑張っています。
    地域包括ケアシステムも活動を支える「担い手」の確保が最大・最優先課題になるので、注目していきたいと思います。
     さて、片岡代表の近況ですが、周りが驚く驚異的な回復を見せています。歩行以外では病気になる前よりも元気です。
    来年早々には完全復活が期待できそうな回復ぶりです。そうなればわれわれの活動も百人力です。
    12月は、年の瀬の行事満載で、忙しいと思いますが、ふれあいの家「えがお」の12月スケジュールを掲載しましたので、お誘い合わせの上、「えがお」に足をお運びください。お待ちしています。
     寒暖の差が激しい毎日です。体調に留意されてお過ごしください。

     
  • ■2015.10.29  今年も残すところ後2カ月。
  •  早いものですね。気が付いたら今年も後、2カ月を残すだけとなりました。市民助け合いネットのお手伝いをしているおかげで、日々、変化があり、やることが多く、時間に追われている生活を繰り返している毎日です。考えてみれば会社を退職して早や3年。きょういく(今日行くところ)ときょうよう(今日、用がある)に励む毎日があることの幸せを感じています。これが、もし家に閉じこもりの生活だったらと想像すると、市民助け合いネット入会に誘っていただいた周りの人に感謝、感謝です。

    昨日のニュースで孤食(一人だけの食事)の人は、うつ発症が2.7倍になると言う記事がありましたが、その心配のない今の生活を大事にしょうと思います。
    「もし、家に閉じこもっている貴方!」是非、ふれあいの家「えがお」に足を運んでください。11月の「えがお」イベントスケジュールを掲載しました。民謡から、懐かしの昭和メロディーをみんなで歌いましょう。なまった身体は、健康体操でほぐしましょう。落語で腹を抱えて笑いましょう。囲碁・将棋、麻雀で指と頭を使えば、元気になること請け合いです。

    10月末に、仲間通信31号を発行しました。内容の要点は次の通りです。
     1)平成27年度上半期の活動報告
     2)福祉有償運送の市内、市外の適用見直しと市外の待ち
    時間無料を2時間を超えた30分毎の待ち時間を有料に変更
     3)最近のトピックス(韓国からの賓客、活動取材など)

    季節は、一気に冬に向かっています。気温の変化、空気の乾燥と火の元にくれぐれも気を付けてお過ごしください。

    写真は、スィングメイツと高橋ミラグロスさんの「ジャズ&ポピュラー」演奏風景です。
    img

     
  • ■2015.10.06  季節は、もうすっかり秋。
  • 季節は、もうすっかり秋模様に衣替え。
    それにしても今年の夏は、記録ずくめの高温、天候不順が連続しましたが、9月に入って関東地方を襲った豪雨被害は、自然の前には人間の力がいかに非力かを改めて知らされた思いです。
    日本は、生活を営む上で欠かせない防災対策、社会インフラが整備されていると思っていたことが自惚れでしかなかったことを気付かされました。
    被害に遭われた方に心よりお見舞い申し上げます。
    ダーウィンの(強いものが生き残るのでなく、環境に適応できるものだけが生き残れる)進化論的に解釈すると、整備してきた社会インフラも環境変化に対応したものでなければ役に立たないということを教えられた出来事でした。さて、ふれあいの家「えがお」では、9月20日(日)に「認知症について」向小金クリニック院長の大津先生と介護体験者の方を招き、勉強会を開催しました。総勢32名の参加者があり、認知症への関心の高さを感じるとともに認知症に対する周囲の正しい知識の大切さを知る良い勉強会でした。「えがお」で引き続き近日開催していきますので、是非、参加してください。
    10月の「えがお」スケジュールを掲載しました。10月も盛り沢山のイベントを用意しています。お誘いあわせの上、ご来場ください。
    ※写真は「認知症について」の勉強会風景です。
    img

     
  • ■2015.08.31  早いもので、もう9月です。
  • 早や9月です。あの記録的な猛暑、集中豪雨で一体、日本はどうなるのか?心配していた7月、8月中旬の天候から一転、涼しさを通り越して肌寒い日が続いています。まだまだ残暑も続きますので、気候の変化に体調を崩さないようご注意ください。
    ふれあいの家「えがお」9月スケジュールを掲載しましたので、ご案内いたします。
    9月イベントでは新しいグループが出演します。3日(木)はオカリナアンサンブル「花れん」、17日(木)はママともサックス5人組「アップル隊」にご期待ください。また、9月は特別セミナーとして20日(日)に認知症セミナー「認知症について知っておきたいQ&A」を開講いたします。向小金クリニックの大津先生の講演や介護の現場体験を塚脇さんにお話ししていただきます。認知症は避けて通れない、身近な問題です。
    是非、誘い合わせの上ご参加ください。
    写真は、夏休みの子供向け楽しい体操とゲームの一コマです。
    img

     
  • ■2015.07.31  酷暑の中、お見舞い申し上げます。
  • 7月18日の関東地方、梅雨明け宣言したとたん、暑いというより鉄板で焼かれるほどの熱さで、熱中症の報道が連日伝えられています。
    皆さん、水分を十分とられて涼しいところでお過ごしください。くれぐれも無理をしないでください。
    ふれあいの家「えがお」8月のスケジュールを掲載いたしました。
    8月は子供たちが夏休み中なので、子供向けの体操や親子で楽しめる「人形げき」を企画しましたので、多数の子供たちの参加をお待ちいたします。
    7月後半の28,29日は、韓国から連日、当会に訪問がありました。1組目は、朝鮮日報(韓国大手新聞社)の取材クルー4名。私たちの助け合い活動の様子を1日かけて撮影とインタビュー取材されました。韓国でも高齢化の波が社会問題化しているとのことで、先を行っている日本の現状と、私たちのようなNPO法人の存在と活動の必要性を韓国内に伝えたいと精力的に取材されました。
    2組目は、韓国大使館から韓国の国会議員の方を含め、5名のかたの訪問でした。韓国でも高齢者対策の法整備が急がれているようで、日本の実情視察の一環で当会にお見えになりました。
    28日は、「えがお」のイベントとして大正琴の演奏会がありましたが、朝鮮日報のカメラマンが演奏の模様、合唱風景を熱心に撮影されていました。特に大正琴は日本独特の楽器とあって、すごく関心を示していました。
    28日の夕方は、「えがお」オープン1周年の区切りとして、毎回ノーギャラで出演いただいている各グループに対しお礼を込めてイベントご協力者・懇親会を開催しました。お互い会う機会が少ない方々が各グループとの情報交流で意気投合し、今後のコラボの計画などを打合せ、大変盛り上がった有意義なひと時でした。今後とも「えがお」を宜しくお願いいたします。写真は、韓国メディアの取材時の助け合い活動風景。


    img

     
  • ■2015.06.29  早いもので「えがお」オープンして満一歳
  •  6月も残すところ1日、早いもので昨年7月1日の「えがお」オープンから早や1年がたちました。この一年は、片岡代表が5月に病に臥して、非常事態を宣して、関係者総がかりで1年間のスケジュールをこなして来ました。目先の緊急課題を優先したとはいえ、代表頼みの会運営から少しは組織として成長したように思います。おかげさまで「えがお」を利用していただいた方が、3,700人を超えました。オープン当初の閑古鳥が嘘みたいです。定期的に催し物を実施することで徐々に認知されてきましたが、市内の音楽サークル、落語演芸などを主宰する方のご協力には、感謝の言葉もありません。囲碁・将棋、麻雀を楽しまれる方、趣味の絵手紙、手芸などで利用される方もすっかり常連化しています。
    「えがお」の目的である〝誰でも自由に集う居場所、憩いの場”が完成しつつあります。7月の「えがお」スケジュールを掲載しました。どんどん、足を運んでください。(写真は「えがお」での好音会のオカリナ演奏)
    img

     
  • ■2015.06.03  いよいよ梅雨入り
  • 2日、九州北部の梅雨入りが発表されました。いよいようっとうしい季節に入りますが、健康に留意してお過ごしください。市民助け合いネットは、5月16日に社員総会を開催し、平成26年度の活動総括、収支決算、平成27年度の活動計画、収支予算および役員改選の議案が提案され、満場一致で承認されました。これで新しい高齢者福祉活動の諸課題に対し、具体的に取り組む体制が整いました。ご承知のとおり介護保険改正に伴い、当会は、流山市の地域包括ケアシステムの担い手として、大きな位置を占めており、ご高齢の方、障がいをお持ちの方の生活支援、介護予防のニーズに応えられるよう会一丸で頑張ってまいります。(写真は社員総会の一コマです)
    ふれあいの家「えがお」の6月度スケジュールを掲載しております。梅雨に負けず、どうぞお誘いあわせの上、お越しください。(スタッフ一同)
    img

     
  • ■2015.05.01  明日からGW突入です。
  • 明日からゴールデンウィーク(GW)に入ります。毎年恒例の民族大移動が早い人は4月25日からスタートしています。連休中はどうやら天気も心配することはなさそうですので、若い人は、大いに英気を養ってください。ロートルのわれわれは、毎日がGWみたいなものですので、この期間は、家で読書でもして静かに過ごしたいと思います。読書に飽きたら、ふれあいの家「えがお」を覗いてみてください。
    5月の催し物では、好評の落語、父娘の三味線民謡、体操などなどで皆さんのお越しをお持ちしています。
    また、当会の年に一度の役員総会も5月16日に開催します。これからの活動の方針、方向を決める大切な会議です。地域包括ケアシステムに沿った具体的な活動がスタートします。当会の活動に注目してください。と同時に助け合い活動、元気シニア作りの活動にご協力、お願いいたします。
    GWで沢山の思い出を作ってください。では、行ってらっしゃい!
     
  • ■2015.04.17  ふれあいの家「えがお」5月度スケジュール掲載しました。
  • 桜前線が一気に北上したと持ったら突然、ブルブルの冬に戻ったり、雷・突風が吹いたりで、天候不順の日が続いていますが、体調を崩さないよう気を付けてください。
     新年度がスタートしたと思ったら、もう4月も後半になりました。私たち高齢者福祉活動に取り組んでいる立場として関心ごとでもある「地域包括ケアシステム」が4月1日からスタートしていますが、今後、どうなるのか?気になります。2025年問題(団塊の世代が後期高齢者になる年)の解決策として10年をかけて仕組みを構築するようですが、これからは地域全体で高齢者・障がい者を支えて行くことになります。しかしながら、縦割り組織、縦割り意識の強い行政で果たして上手くリードしていけるか?はなはだ心配です。やはり横のつながりを大事にしている我々の出番かもしれません。
     さて、5月のふれあいの家「えがお」のスケジュールを掲載しましたので、お知らせいたします。是非、お近くにお越しの折は、覗いてみてください。お待ちしています。
     
  • ■2015.03.30  いよいよ新年度がスタートします。
  • 春爛漫、桜前線が一気に北上!ここ流山も満開の桜が、あちこちで見受けられ、思わずウキウキしてきます。
    速いもので、平成26年度も明日が最終日となりますが、あっという間の一年でした。片岡代表が4月後半に体調を崩したことで、てんやわんやの日々の連続でしたが、皆で協力すれば何とかなるものだと、ちょっぴり自信のついた一年でもありました。
    ふれあいの家『えがお』竣工、ロードレース大会運営、創立10周年記念行事などなど。皆で頑張っているうちに代表の体調もすっかり回復してきて、新年度は、また、代表を中心に高齢者生活支援にまい進できそうです。
    ふれあいの家「えがお」4月スケジュールを掲載しました。皆さまのおこしをお待ち申しております。
    ※写真は3月26日の落語の競演の一コマです。
    img

     
  • ■2015.03.03  3月度「えがお」スケジュール掲載しました。
  • 速いもので、もう3月に入りました。
    今年の冬は、局地的に暴風雪が吹き荒れ北海道をはじめ雪国の皆さんは大変な思いをされていますが、一方で春の便りをあちこちで目にします。さて、ふれあいの家「えがお」の3月度スケジュールを掲載しました。3月は新しい試みとして3月12日に市内近郊に咲く花の写真を見ながら花にまつわるあれこれを紹介する催しを計画しました。是非、参加ください。また、26日には、落語「夢の競演」と題して5人の噺家さんのおもしろ話しお楽しみいただけます。話は変わりますが、2月26日にインドネシアから日本に企業研修中のユスフさんが当会を訪問してくれました。高齢者、障がい者の福祉活動に関心があり、日本の福祉の実態、活動について勉強してインドネシアの福祉に役立てたいとのこと。高齢者、障がい者福祉は、万国共通の問題です。日本での取り組みが少しでも参考になれば幸いです。
    img

     
  • ■2015.02.27  創立10周年祝賀会を盛大に開催することが出来ました。
  • 待ちに待った創立10周年記念祝賀会が2月21日(土)に大勢のご出席をいただき、盛大に開催できました。本来なら昨年6月に開催する予定でしたので、8カ月遅れの開催になりましたが、流山市長をはじめ福祉関係機関、NPO仲間および近隣の自治会・会長さんなど日頃、助け合い活動で大変お世話になっている方々から激励、感謝、期待の声をいただき、これからの活動に沢山の元気をもらいました。感謝、感謝。
    10周年を区切りとして、私たちの活動は新しいステージに入ります。
    国が進める地域包括ケアシステムの構築、住民参加の地域一体となった高齢者生活支援活動の一端を担っていきます。会員各位のなお一層のご協力をお願いするとともに、引き続き行政、社会福祉関係者の皆さまのご指導、ご鞭撻をお願いいたします。
    img

     
  • ■2015.02.03  ふれあいの家「えがお」2月スケジュールのお知らせ
  •  速いものでもう2月に入りました。2月は太平洋側でも雪が降ることが多い季節です。この時期に合わせ、市民助け合いネットでは、雪搔き隊を編成しておりますので、雪搔きでお困りの時は、遠慮なくご一報ください。さて、ふれあいの家「えがお」の2月スケジュールが決まりましたので、お知らせいたします。
     1月の「えがお」ご来場者数は278人でした。昨年7月から延べ2015人となりました。ご利用に感謝いたします。これから暖かい日も多くなります。是非、お誘いあわせの上、お越しください。
     
  • ■2015.01.19  仲間通信 第29号発行しました。
  • 仲間通信 第29号(H27年1月10日発行)が出来ました。
    片岡代表の元気な新年の挨拶を掲載しました。片岡代表は驚異的な回復を見せており、倒れる前と変わらないぐらい日に日に良くなっています。
    第29号の主要な内容は以下の通りです。
    1.昨年開催できなかった10周年記念祝賀会を2月21日(土)に開催します。午前の部はお世話になっている流山市をはじめ福祉団体の方をお招きしますので、会員の皆さんは午後の部に参加をお願いします。
    2.創立10周年を迎え、今年は会にとって次のステージに向けて節目の大変重要な一年になります。これまで以上の皆さまのご協力をお願いいたします。
    3.これまで10年間、入会費、利用券を据え置いて頑張ってきましたが、消費税、公共料金の値上げをはじめ諸物価高騰により、会の運営を非常に圧迫する状況にあり、この4月より値上げを実施することにいたしました。何卒、ご理解のほどお願いいたします。


     
  • ■2015.01.02  明けましておめでとうございます。
  • 明けましておめでとうございます。
    本年も助け合い活動、元気シニア作りのためにご協力をお願い申し上げるとともに会員の皆様のご多幸を心よりお祈りいたします。
     今年のお正月はいかがお過ごしでしたか?
    日本海側、西日本の寒波、大雪とは裏腹に関東地方は、比較的穏やかなお正月を迎えることが出来ました。
    しかし1月、2月は関東平野部でも降雪のシーズンを迎えますので、当会も雪搔き隊を組織して、雪搔きでお困りの方のお手伝いをいたしますので、気軽にお電話ください。
     さて、今年は昨年実施できなかった創立10周年行事を計画しています。10周年記念誌の発行から10周年祝賀会の準備で年明け早々から忙しくなりそうです。当会も皆様に支えられて10年が経過しましたが、この先の10年、20年が迎えられる盤石な組織基盤をつくる時期に来ています。今年はそのための大変重要な年と位置付けて、その実現にまい進してまいります。会員皆さまのますますのご協力をお願い申し上げます。
    また、ふれあいの家「えがお」では新春にふさわしい初笑い寄席や素敵な音楽演奏と歌の広場を催しますので、是非、足をお運びください。
    img

     
  • ■2014.12.26  今日は仕事納め。「えがお」1月度スケジュールを掲載しました。
  •  日本列島ブルブル~~。思わぬ寒波襲来で雪かきをしている雪国のお年寄りをニュース映像で見ると「本当に大変だナ~、気を付けて」と思わずにいられません。
     さて、今日は仕事納め。私たちの市民助け合いネットは、例年以上に一年が短かった気がします。創立10周年の節目の年で、記念行事をいろいろ計画している矢先に片岡代表が病に臥す思わぬ事態となり、てんてこ舞いの一年でした。
    幸い片岡代表も快方に向かっており、復帰も近い状況で一安心です。
    遅ればせながら年明けに創立10周年記念行事を催す予定です。
     標題のふれあいの家「えがお」1月度スケジュールを掲載しましたので、是非、「えがお」に足をお運びください。
     来年が皆さまにとって幸多い年になりますようスタッフ一同お祈りいたします。
     

     
  • ■2014.11.30  ふれあいの家「えがお」の12月スケジュールを掲載しました
  • 早いもので、今年もあと1カ月を残すだけとなりました。
    ふれあいの家「えがお」も猛暑の7月2日にオープンして、あっという間の5カ月でした。おかげさまで各種イベント、囲碁・将棋、麻雀も大変好評で、月平均で260人を超える方に利用いただきました。
    ふれあいの家「えがお」12月のスケジュールを掲載しましたので、ご覧下さい。12月は、初めての催しとして子供向けの“よい子へ贈るクリスマスプレゼント”として人形劇、マジックを中心にした、楽しいひと時を用意しました。お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんと一緒に楽しんでください。お待ちしております。
     
  • ■2014.11.04  ふれあいの家「えがお」完成にあたり「感謝の集い」を開催しました。
  • 去る11月1日(土)、ふれあいの家「えがお」建設にあたり、ご寄附をしていただいた方をお招きして、「感謝の集い」を開催しました。当日は、雨模様の天気にも関わらず、片岡代表が半年ぶりに会の行事に出席することもあり、ホールに入りきらないくらい大勢の方が駆けつけてくれました。
    午前の部は利用会員の方に対して、午後は提供会員の方に対する2部構成で開催しましたが、利用会員の方は初めて「えがお」に来られた方が多く、普段なかなか会う機会の少ない会員同士や事務所スタッフとの懇談で親睦が深まったようです。
    午後からは出席者が多くなることを予想して建屋の外にテントを用意しましたが、あいにくの雨で「えがお」の中は立錐の余地も無いくらい混雑しましたが、お互いの「譲り合い精神」で皆さん混雑を楽しんでくれたようです。
    午前、午後も行事の後半は「好音会」の大正琴、オカリナ、フルートなどの素晴らしい演奏で魅了され、最後は参加者全員の大合唱で大いに盛り上がりを見せた「感謝の集い」でした。
    この「感謝の集い」を契機にふれあいの家「えがお」の良さを実感していただけたと思っております。今後たくさんの方に活用いただければと期待しております。
    ちなみに「えがお」オープンから4カ月で利用された方が1,100人に上ったことをお伝えしておきます。
    img

     
  • ■2014.10.15  11月1日、感謝の集いを開催します。
  • 10月12日(日)、私たちNPO法人市民助け合いネットが流山市より受託している最大の業務「第23回流山ロードレース大会」がマラソンには最適のコンディションの中で、成功裏に開催することが出来ました。
    エントリー4,039人で当日の完走者は3,472人。内、市民ランナー以外が70%を超える大会として全国的に知名度が高い大会に育っています。わが、市民助け合いネットは第16回大会から運営業務を請け負い、今年で8回、大会に協力してきました。もちろん、運営の主役は会員で構成したプロジェクトチームと会員協力者総勢70名の皆さんです。
    改めてご協力に感謝いたします。
     さて、見出しに掲げました「感謝の集い」は、今年7月2日にオープンしました事務所併設のふれあいの家「えがお」の建設にあたってご寄附をしていただいた方をお招きし、施設を見学いただき、ささやかな感謝のひと時を過ごしていただくよう計画しましたので、是非、皆さまのお越しをお待ち申しております。まずは、ご案内まで。
     
  • ■2014.10.05  ふれあいの家「えがお」10月スケジュール、掲載しました。
  • 8月、9月の猛暑はどこに行ったのでしょう。季節はきっちり廻ってくるものですね・・・なんとなく秋らしい季節になってきましたが、皆さんいかがお過ごしですか?
    早いものでふれあいの家「えがお」も4ヶ月目に入りました。おかげさまで、ふらっと寄ってくれる方も少しづつ増えてきました。「えがお」の居心地の良さが段々わかってくれているようでうれしく思います。
    さて、10月の「えがお」スケジュールを掲載いたしました。
    体操で体をほぐし、演奏に合わせて大きな声を出して、囲碁・将棋、麻雀で頭の体操をすれば元気に長生き、間違いなし! 是非、立ち寄ってみてください。スタッフ一同お待ちしています。

     
  • ■2014.08.31  ふれあいの家「えがお」 9月スケジュールを掲載しました。
  • 早いもので、ふれあいの家「えがお」をオープンして2か月が経過しました。おかげさまで近隣の若葉台、西初石地区をはじめとして、たくさんの方に利用いただいております。猛暑、天候不順の中、足をお運びいただきありがとうございました。9月に入ると幾分、過ごしやすくなりますので、大勢の方がふれあいの家「えがお」をご利用いただけることを期待してスタッフ一同頑張ってまいります。
     さて、9月のスケジュールが決まりましたので、掲載いたします。9月は、初めての催し物として落語、マジックショーを行いますので、ご期待ください。まだまだ残暑厳しい折、健康には気を付けてお過ごしください。
     
    img

     
  • ■2014.08.04  ふれあいの家「えがお」から暑中お見舞い申し上げます。
  • 梅雨明けと同時に猛暑(酷暑)の日が続いていますが、いかがお過ごしですか? この時期は、熱中症対策をしっかりして、お過ごしください。
    さて、7月2日にオープンしたふれあいの家「えがお」もおかげさまで無事、1ヶ月が経過することができました。この間のご来場者数は延245名の方の来場がありました。1日あたり12名弱のご来場でオープン1ヶ月としては、まずまずのスタートをきることができ、スタッフ一同、心より感謝しています。しかし、音楽演奏,健康体操などの催し物のある日と無い日では、ご来場者数に極端に差が出ています。
    皆さまが「居場所」として気楽に利用していただける日を心待ちにして、これからもスタッフ一同、”おもてなし”の気持ちでがんばっていきます。
    お近くに来たときは、是非、お立ち寄りください。
     
  • ■2014.07.17  ふれあいの家「えがお」 8月のスケジュールが決まりました。
  • 7月2日よりオープンした高齢者ふれあいの家「えがお」はおかげさまで、オープンイベントのオカリナフルート、大正琴の演奏会から今日まで音楽・ヨガ・健康体操など、こちらで計画したイベントは大盛況のうちに来場された皆さんに楽しんでいただいています。
    8月のスケジュールが決まりましたので、お知らせいたします。8月からは囲碁・将棋および麻雀が加わりましたので、楽しみにしてください。
    スケジュールはホームページの「ふれあいの家」に掲載しています。
     なお、イベントがない日、時間帯は、どなたでも自由に利用できますので、ご利用ください。
    img

     
  • ■2014.07.03  ふれあいの家「えがお」オープンしました。
  • 7月2日は、オープン初日。
    はたして、何人の方がお見えになるか?ドキドキ、ソワソワ・・・
    オープンイベントとしてオカリナ、大正琴の演奏会を計画したのに、少ないと困るな・・・なんて心配は幕を開けたら一気に吹き飛びました。
    この日、来場いただいた方の総人数は、46名。
    これもイベントに出演いただいた好音会(リーダー:三好 英夫)の素晴らしい演奏と演出で大盛況のうちにオープンイベントを終えることができました。好音会の皆さま、感謝申し上げます。
    演奏会の後半は、三好さんの軽妙なリードで、歌声広場と化し、この日ご来場の中で最高齢91歳の方の元気な歌声も聴かせていただき、私たちも大いに元気をいただきました。
    ふれあいの家は、ご利用者の皆さまと一緒になって作り上げていくものですが、この賑わいが毎日続けられるよう、頑張っていきたいと思います。
    私たちスタッフにとって忘れられない1日になりました。
    img

     
  • ■2014.07.01  ふれあいの家”えがお”7月2日オープン
  • 流山市では、14番目となるふれあいの家がいよいよ7月2日にオープンします。7月1日付け「広報ながれやま」でもご案内しています。
    誰でも気軽に集える「皆さんの居場所」です。
    各種イベント、健康体操、囲碁・将棋から生活のためになる各種講座など
    色々なアイデアを沢山計画中です。
     しかし、本当の「居場所」は、これからご利用される方のご要望をお聞きして、利用される方、お世話をするスタッフが心を一つにして作り上げて行くことが大切です。
    本当に「価値のある居場所」作りに、是非、ご協力お願いいたします。
    なお、市民助け合いネットのホームページでふれあいの家コーナーを設けて、毎月の催し物をご案内しています。是非、ご覧下さい。
     お問合せは、NPO法人・市民助け合いネットまで。
           ℡ 04-7153-5733
           Fax 04-7152-5920
           Eメール tasukeai@abeam.ocn.ne.jp
     
  • ■2014.06.23  "えがお”内覧会、盛況に終わる
  • 6月22日(日)は、朝から小雨まじりのうっとうしい空模様でした。果たして何人の方が、内覧会に来てもらえるか心配していたところ、定刻の11時を待たずに来場者があり、開場15分ほどで用意した席が埋まってしまい、慌てて席を増やしたほどでした。
    午後も閉館の15時まで熱心に「助け合い活動」「ふれあいの家“えがお”」の説明に耳を傾けていただき、延べ100人を超える来場者があり、盛況のうちに内覧会を終えることができました。
    ご来場いただいた皆さまに感謝申し上げるとともにまたのおこしをお待ちいたします。
    ご来場の皆さまから、ふれあいの家“えがお”に期待する多くの声をいただき、スタッフ一同、これからのおもてなしに大いに元気をもらえました。
    img

     
  • ■2014.06.21  新事務所に無事、引っ越ししました
  • 6月14日(土)慌ただしく流山市若葉台の事務所併設のふれあいの家”えがお”に無事、引っ越しました。
    7月2日(水)のふれあいの家オープンに向けてスタッフ一丸で準備中です。今後、毎月のふれあいの家“えがお”の催し物は、ホームページやチラシなどでお知らせします。
    住所:流山市若葉台3-131
     ☎  04-7153-5733(従来通り)
     FAX 04-7152-5920

    なお、オープンに先立ち6月22日(日)11:00~15:00に内覧会を行いますので、お誘いあわせのうえ、おいでください。
    また、7年間お世話になりました西初石第一住宅自治会の皆さま大変、お世話になりました。

     
  • ■2014.05.02  ふれあいの家“えがお”5月末完成に向け、工事急ピッチ!
  •  夏日が続く5月2日(金)、ふれあいの家の内装工事の状況を見てきました。外回りは外壁パネル、サッシの取り付けも終わり電源、電気工事などの内装工事に入っています。
     工事は予定通り、5月末完成に向けて着々と進んでいます。市民助け合いネットでは、現在、ふれあいの家で楽しく有意義に過ごしてもらうための各種催し物の企画を検討中です。
     もうすぐ、ふれあいの家の利用についてご案内できると思いますので、楽しみにしてください。
    img

     
  • ■2014.03.28  工事の安全を祈願し上棟式を行いました。
  •  3月28日に上棟式を行いました。写真は上棟した建屋の全景です。
    片岡代表、弘田理事、鎌倉理事が代表して工事の無事と安全を祈願して建屋四隅をお清めしました。
    img

     
  • ■2014.03.26  ふれあいの家 “えがお” 基礎工事が完了しました
  •  今週に入って、すっかり春めいてきました。桜前線もスピードを上げて北上中です。
    私たちの居場所になる「ふれあいの家“えがお”」の基礎工事が完了しました。
    これからいよいよ建屋工事に入ります。
    お近くにお越しの機会がありましたら、建設現場を是非のぞいて見てください。
    img

     
  • ■2014.03.10  「ふれあいの家」建築工事が始まりました
  • 去る3月5日に待ちに待った「ふれあいの家」の建築確認がおり、3月6日から建築工事がはじまりました。
    3月8日(土)の定例役員会の後、工事の安全と無事を祈願するため、理事有志で建設現場のお清めを行いました。
    建屋完成は5月末を予定しておりますが、建築の進捗をこれから定期的にお知らせいたしますので、楽しみにしてください。
    img

     
  • ■2014.03.06  自家用有償旅客運送者の更新登録が完了しました
  •  私たち市民助け合いネットはご高齢者の方および障害をお持ちの方の自動車を利用した外出支援のため、NPO法人設立当初から自家用有償旅客運送者として認可を受けて活動しております。
     今年は3年毎の更新の時期にあたり、更新登録の手続きを進めておりましたが、この2月26日に更新登録が無事完了し、3月3日に千葉運輸支局に出向き、標題の運送者登録証を受領してまいりました。
     今回は、提供会員さんのご協力で活動車両数を46台と大幅に増やし、外出支援の要望に応える体制が整いました。
     

    img

     
  • ■2014.02.17  ふれあいの家 工事始まりました
  • 2月13日から“ふれあいの家”の工事が始まりました。
    この工事は地盤改良のための工事で、9mの杭を48本打ち込む工事です。
    今週中には建物の確認申請が下りる予定です。
    img

     
  • ■2014.02.03  ご寄付のお礼
  •  日ごろは当会の活動にご理解とご協力をいただき誠にありがとうございます。
     さて、この度の「ふれあいの家」建設に当たってのご寄付のお願いに、ご快諾いただき、早速ご寄付くださいまして、心より厚くお礼申しあげます。
     ご寄付は目標の400万円を大きく上回り、700万円に近づきました。みなさまの温かいお心ざしに役員一同を始め、事務所のスタッフ一同、感謝、感謝です。「皆で造ろう」のスローガンを果たすことが出来ました。
     建設費が予定より高額になりましたが、ご寄付を多くいただきましたので、借入をしなくても、建設資金の目途が立ちました。本当にありがとうございました。
     5月末を目標に建設を進めており、6月に事務所を移転し、6月末頃から「ふれあいの家」の活動を始める予定です。竣工披露も追ってご案内いたします。この施設は、「助け合い」の拠点とすると共に、特に高齢者の居場所づくりを進め、介護予防と認知症及び老化予防を目指した活動を行う所存です。
     建設の状況は「仲間通信」や「ホームページ」で、お知らせいたします。
     末筆ながら、寒さ厳しい折、ご自愛ください。

         NPO法人 市民助け合いネット
         代表:片岡興一・役員一同・スタッフ一同
     
  • ■2014.01.28  高齢者ふれあいの家「えがお」建設スケジュール
  •  高齢者「ふれあいの家」の建設が2月から始まりますが、次のスケジュールで進められる予定です。

      1. 建築確認・・・2月上旬
      2. 地盤改良・・・ 〃
      3. 建物着工・・・ 〃
      4. 竣工  ・・・5月末
      5. 披露  ・・・6月上旬
      6. 活動開始・・・6月下旬
    img

     
  • ■2014.01.28  高齢者ふれあいの家「えがお」活動計画

  •   ⇒詳細はこちらへ
     
  • ■2013.12.05  事務所からのお願い
  • 《利用者さんへ》
    1.数ヶ月先のご利用について
     半年も先など、かなり先のご利用依頼が時々ありますが、手配ミスが発生しやすくなりますので、今後は、最長で1ヶ月先までの依頼とします。ご協力をお願いします。

    2.雪の日の送迎について
     これから雪のシーズンになります。病院などへの送迎の当日、雪が降った場合、当会では送迎できなくなることがあります。その時は、タクシーなどをご利用いただきますよう、お願いいたします。

     

トピックス

  • ■2016.09.26  元気シニア地域ボランティア養成研修会3コース開催のご案内
  • 人の役に立ちたい、地域貢献をしたい と考えている元気シニア
    の皆さん!ボランティアを通して「社会貢献」「生きがい」と「健
    ご自身の
     
  • ■2013.12.05  八木南団地自治会で「助け合い活動」始まる
  •  市内南東部の八木南団地自治会で、当会と同じ「助け合い活動」を行うことになり、アドバイスと協力を要請され、当会の「兄弟団体」として、全面的に協力することにしました。
     活動は、この春から準備に入ったもので、12月スタートを目指しています。
     

会員数

 利用会員 720名
 提供会員 430名
 合  計 1150名
  (平成28年11月末現在)

私たちの思い

 人生80年時代、少子高齢化が進み、近所づきあいも希薄になり、サービスが減少している公的介護保険制度だけでは 老後の生活が不安になってきています。

 このような時代に私たちは、「困った時はお互い様」の気持ちで、助け合い支え合って、誰もが安心して 快適に暮らせる暖かい街をつくりたいと思います。

 また、ボランティア活動を通じて、定年後や子育てが終わった第二の人生の”生きがい”や”健康”そして ”就労の場”も提供したい。

 そんな思いを実現したいと考えています。

 img
      片岡代表


お金で買えない「7つの喜び」

「お金で買えない7つの喜び」を
味わえます。

 ①"ありがとう"を貰える喜び!
 ②困った人を"助ける"喜び!
 ③誰かに"頼られる"喜び!
 ④自分の"存在を感じる"喜び!
 ⑤"生きがいに出会える"喜び!
 ⑥多くの"人に出会える"喜び!
 ⑦"ミニ収入"のある喜び!


PR


会報バックナンバー


関係機関LINK